2014年5月8日木曜日

デジカメ FUJIFILM FUJIX DS-300

DS-300





FUJIFILMのフジックス DS-300です。

発売は、1997年、当時の本体価格は248,000円でした。

スペックは、
有効画素130万CCD
スーパーEBCフジノンレンズ、光学3倍
最大4.5コマ/秒、連続12コマ撮影可能(エクステンションユニット使用時)
GPS受信装置の接続可能

プリンターに直接接続(SCSI接続)して、印刷したり、
PCと接続(SCSI接続)して、
・撮影モード(AUTO,プログラム、絞り優先、シャッター優先、マニュアル)
・フォーカス(AF,MF)、ISO感度、ホワイトバランス、露出補正
を設定し、PCからシャッターを切ることが可能です

撮影画像は、メモリーカード(PC ATAカード)に記録し、Hi(非圧縮TIFF Y-C),Fine(1/4JPEG),Normal(1/8JPEG),Basic (1/16JPEG)から選択します。

富士ゼロックスからも、DS-300のOEM機がXD530として発売されました。

当時としては、非常に高機能なわりに比較的低価格だったので写真屋さんの証明写真、パンフレット制作など業務用途でも利用されたようです。

バッテリーは、ハンディカム互換(NP-510)なので入手が容易でした。3個を使いまわしています。

後継機であるDS-330のオプションの液晶モニターLV-D3を接続しています。
モニター接続はビデオ端子(RCA端子)です。表示は、現在当たり前のライブビューではなくプレビュー(シャッター全押しでメモリカードに記録する前の画像がモニターに表示され、カードに記録したくないときはキャンセルできる)表示です。
メモリカードへの画像記録枚数は、20MBのATAカード使用時、非圧縮8枚、Fine30枚ですから空き容量は結構貴重です。


兄貴分のDS-505Aと並んで(どちらもデカイです)



早起きの朝(AUTO,Normal Fine

0 件のコメント:

コメントを投稿