2014年10月21日火曜日

ストームグラスを自作

ストームグラス、見ていて飽きません。
ストームグラスを増やしたいなぁと思っていたら、ストームグラスの原料がドラッグストアなどで容易に入手できることを知ったので、自作してみる事にしました。

今夜のストームグラス



ストームグラスの原料(5種類)


蒸留水と無水エタノール



ひえっぺ
ポケットサイズの保冷剤です。(原料:硝酸アンモニウム)



藤澤樟脳
防虫剤。おばあちゃんの匂いがします。(原料:樟脳)



淡路島の藻塩(塩分60%カット)
お塩は「減塩」と「カリウム強化」がキーワードです。9割は余るので、美味しそうなお塩にしました。(原料:塩化カリウム)

材料費は、5種類で3千円を超えないくらいです。



その他、UCC 114(適当な大きさの蓋付きガラス容器)
結構大容量(250ml)です。後で別容器へ小分けするつもりで、この容器にしました。
プラスチックの蓋は、調合中、変形するほど溶けることはありませんが(裏蓋がコーティングされているし、溶液を満杯まで入れることは無い)、完全密閉ではありません。原料の調合が終わった後は、金属フタに付け替えたほうがいいです。
(金属フタの上に、元のプラスチックの蓋すっぽりと被せることができます)

サイズぴったりだったフタは、こちら。
ヒメマスそぼろ、姫昆布(ごはんがすすむ、頂き物です^^)
http://www.ne.jp/asahi/himemasu/hokkaido/index.htm




出来立てストームグラス。購入品のように、ふわふわ・サラサラな結晶にするには、細かな追加の調合・調整を何度か繰り返すことが必要なようです。
状態が安定するまで、しばらく様子見です。


ストームグラスのレシピ
月刊誌「化学」を発行している、株式会社 化学同人が、バックナンバーをWeb化学(電子書籍)として公開しています。(公開ありがとうございます)

月刊「化学」2013年(68巻)12月号
センセイ必見!! 簡単DIYでアッと驚く 魅せて教える科学実験(12)砂時計と樟脳を使ってストームグラスをつくる!! : 結晶の変化で天気がわかる?
http://www.kagakudojin.co.jp/kagaku/web-kagaku03/c6812/c6812-jikken/_SWF_Window.html?pagecode=1


小学校~中学校の自由研究にいかがでしょう。
ストームグラスに雪が降る様子を動画にしてみました。


ストームグラスに降る雪


2014/11/30 追記

ストームグラスのレシピ備忘録(自己流です)

1.用意するもの
(1)材料
蒸留水
無水エタノール
ひえっぺ(原料:硝酸アンモニウム)
藤澤樟脳(原料:樟脳)
淡路島の藻塩(塩分60%カット)(原料:塩化カリウム)
(2)道具
キッチンスケール
計量カップ
ティースプーン
ハサミ(樟脳は柔らかいので、ハサミで削って細かい量を調整する)
粉末を計量するための容器(ガラスビンに投入しやすいもの、ショットグラス、小皿等)or 15cm大にカットした新聞紙
マジックペン
カレー鍋 or ラーメン鍋
調合用ガラスビン+横にしてもこぼれない密閉できる金属等のフタ or 最終的にディスプレイするガラスビンでも可
(容量注意)

2.材料の分量 基本形
完成 約200ml(ucc 114の空きビン 1本分)として
樟脳 : 18g  21g 32g
硝酸アンモニウム : 6.2g
塩化カリウム(塩化ナトリウム50%の場合) : 10g
無水エタノール : 100ml
蒸留水 : 75ml

注意)最終的に調整すると、溶液の容量が増えることになるので、調合するガラスビンの容量は余裕が必要。

3.前処理
調合するガラスビンは、(台所洗剤、コップ洗い用ブラシなどを使って)ごしごし水洗いをしておく。
汚れがあると、そこからビンの内側にシイタケみたいな結晶ができる。

4.調合の手順
(1)計量カップに「水道水」175mlを入れ、ガラスビンへ投入
(2)ガラスビンに入った水の位置にマジックで線を引いてから、水をすてる
(3)蒸留水75mlを計量して、ガラスビンへ投入
(4)無水エタノールをガラスビンへ、マジックで線を引いた位置まで投入(計量カップは溶けたら大変なので使用しない)、よく混ぜる
(5)塩化カリウム、硝酸アンモニウムを投入、よく混ぜる
注意)ビンの口が狭くて材料を入れにくい時は、「ひえっぺ」の袋をハサミで半分に切り、とんがり帽子状に丸めて「じょうご」の代わりに使用できる
(6)樟脳を投入
  ※空きビンの数に余裕があれば、別のビンであらかじめエタノールと樟脳を混ぜてから蒸留水の溶液に合わせると、樟脳が簡単に溶けるようです(2015/02/01)
(7)鍋に水を張り、お湯に指を入れてもやけどしない程度まで加熱して温度をキープする
(8)鍋にガラスビンを入れて湯煎する、時々ビンを取り出して、シェイク・シェイクする x樟脳が完全に溶けきるまで繰り返す
(9)一晩放置する(ビンの中で、ゆっくりと雪が積もっていく様子が見られます)
(10)シェイク・シェイクする、ビンの中が吹雪状態になるので、半日放置して粉雪状の結晶がビンの底の方へ徐々に沈澱して安定するのを待つ
(11)沈澱する結晶の量に応じて、蒸留水・エタノールを加えて、シェイク・シェイク~放置、調整する
結晶の量が多い→エタノールを加える
結晶の量が少ない→蒸留水 or 樟脳を加える
加える量は、3~5滴/回程度、焦って何度も追加しないこと
完成形は、粉雪状の結晶の沈澱量が液面の下、ビンの底1/3位になるように安定させると、結晶が成長した時、綺麗に見える。
(12)湯煎して、ビンへ小分けして完成

50 件のコメント:

  1. はじめまして。
    手作りできるなんて、すごいです!
    是非、詳しいレシピ教えてください。

    返信削除
  2. 堀田さんこんにちは。コメントありがとうございます。

    手順は、ページに記載した通り、株式会社 化学同人さんが、月刊誌「化学」のバックナンバーを公開なさっていますよー
    自分の備忘録でよければ、追記しました。ご参考まで。

    返信削除
  3. 初めまして。手順通りに作っている筈なのですが、液が分離してしまいました。塩分30%カットの塩を使用しているからでしょうか。何かアドバイスがありましたらお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。コメントありがとうございます。
      自分も毎回様子が違いますw
      無水エタノール/消毒用エタノール、蒸留水/精製水、室温も関係あるのかも知れませんね。
      でも、ある程度アバウトに作っても後から調整できるので大丈夫です。ガンバです^^
      分離というのは、溶液の上面に透明な層が出来てるという事でしょうか?(それともビンの底の方?)

      >>塩分30%カット
      必要なのは塩化カリウムなので、塩分(塩化ナトリウム)が多くて良い効果は無いと思います。
      (大量に作らなければ影響はないと思いますが)

      削除
    2. ご回答ありがとうござます。
      そうです!上面の透明な層です!
      条件によって変わってしまうのですね…。初めてなので、試行錯誤しながら頑張りたいと思います。

      削除
    3. それなら、簡単に調整できますよー
      (1)エタノールをキャップに少量取り、4~5滴入れる(入れすぎ注意)
      (2)ビンを振って軽く混ぜる
      (3)1時間ほど置く
      と、分離が解消していきます。(1)~(3)を様子を見ながら繰り返します。
      焦らずに^^

      分離がほんの少しだけなら、溶液が冷えた後、ビンを軽く振ると結晶になって底に沈みます。(結晶が成長するときの材料になるみたいです。)最終段階で結晶を調整すればよいと思います。

      結晶の最終調整は慎重に。今、結晶の量がちょうど良いと思っても、これからだんだん暖かくなってくる事を考えると・・・^^;

      削除
    4. 多くのアドバイスありがとうござます。手探り状態だったので、とても助かりました。ストームグラス一つ一つに個性が出て面白いですね。これからはまってしまいそうです笑

      削除
    5. きっと素敵な小ビンをあつめ始めますよー(笑)

      削除
  4. はじめまして

    このページをみて材料さえあればできると思い作ってみましたが
    樟脳が多いのか綿状の結晶が上部にたまってしまい
    綺麗な結晶ができません。
    何か原因があるのでしょうか?

    ご教示いただけないでしょうか
    よろしくお願いします。

    瓶はいいちこフラスコです、良い形で作るならコレと思いました♪

    返信削除
    返信
    1. 白くま さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

      いいちこフラスコボトル! なんてチャレンジャーな(笑)
      大容量の溶液は結晶の落ち着きがものすごく遅いので、調整がわかりにくいです。
      (調整に時間がかかって、どんどん容量が増えていきますw)

      4~5日放置してその状態でしょうか?
      素敵なストームグラスになりそうですね^^

      chromeからだとコメント書き込みができない・・・なぜ???

      削除
    2. 白くまさん、僕もいいちこフラスコボトルで作ってみました。
      レシピは硝酸カリウム、塩化アンモニウムを使った物ですが、やはり大きいと作られる結晶も大きくてきれいに見えますね。
      http://www.big.jp/~eizo/blog3/wp-content/uploads/2015/06/iichiko.jpg

      削除
  5. レスありがとうございます

    大容量だと時間がかかるんですね・・・
    おっしっゃたとおり、作ってから約一週間程度たっているでしょうか。
    綺麗な結晶をみてニヤニヤする予定だったのですが・・・
    作ったばかりのときは白くにごって2-3日でクリアになりましたが
    肝心の結晶が美しくありません、瓶の上部に綿状に溜まってます

    返信削除
  6. 白くまさん、こんにちは。

    気温が低いので、結晶が落ち着くのに時間がかかっているだけのように思います。イイ感じになっているような^^
    (自分が秋ごろ作った1Lビンでは結晶が落ち着くのに2週間ぐらいかかりました)

    ビンを軽く振って放置を繰り返すと、結晶からポコポコ空気が出て、ちゃんと底に沈んでくれそうな気がします。
    焦らずに、ガンバです^^

    返信削除
    返信
    1. なるへそ、確かに小さな気泡がめっちゃ着いてます

      軽く振って気長に待ってみます
      有難うございます

      ブログの1ラッツ硬貨のハリネズミ可愛いですね(^_^)
      ちなみに書き込みはクロームからですので問題ないと思いますが

      削除
    2. 白くま さんこんにちは。

      もうすぐニヤニヤ出来ますよ~w

      >>ブログの1ラッツ硬貨のハリネズミ可愛いですね(^_^)
      図柄がシンプルなところがいいです。

      >>ちなみに書き込みはクロームからですので問題ないと思いますが
      chromeからの書き込みは空振りばっかりです。うーん、拡張機能かなぁ。

      削除
  7. はじめまして。サイと申します。
    こちらのサイトを見てストームグラスに挑戦したのですが、うまくいかないので教えてください。

    1週間ほど前に、2タイプを仕込みました。
    A:このサイトとまったく同じレシピ=樟脳18g
    B:化学同人さんのレシピを2.5倍ずつ=樟脳32.5g
    どちらも、(樟脳+無水エタノール)+(精製水+硝酸アンモニウム+塩化カリウム)の混合をした直後は結晶らしきものができ、しばらくは少ないながらもほんの少し見えていました。
    湯せんをして完全に溶かし切ってからはや1週間、時折瓶を振ったりしてますが、どちらも透明のままです。
    Bは少し精製水を足しました。たした直後は白い結晶のようなものができますが、しばらくするとほぼ透明。振ってよく見るとなんとなく結晶のようなものが見えます。
    Aは完全に透明な液体です。

    これはもしかしたら失敗なのでしょうか。お忙しいところ恐縮ですが、ご回答くださいませ。

    返信削除
    返信
    1. サイさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      材料が正しければ失敗はありませんよー、必ず調整できるのでダイジョブです^^
      1.レシピの単純な倍量だと、微妙にバランスが崩れるみたいです。料理と同じ? 液が透明に見えていて、実際は2層に分離しているという事はありませんか?
      2.使用している材料は、記事等で紹介しているものと同じ商品名の物でしょうか? 特に叩けば冷える○○系は、商品により原料が違うみたいです。食塩も、期待しているカリウムの分量が異なります。
      3. 1・2がOKなら、ハサミでのりを刻むみたいに樟脳を少量(0.5gくらい)細かく刻んで投入&シェイク~1日様子見を繰り返してみてください(湯煎は必要ありません)。(どんな形状でも)結晶が出たり、液が分離したり症状が目に見えれば、そこからの調整になります。
      ガンバです。

      削除
  8. サイです。お返事ありがとうございます。
    まずご質問に。
    1.液は透明に見えています。Aは精製水を少し足したところ、表面に中に小さな結晶・・・というより破片に近いものが少量見えます。Bは全くありません(笑)
    2.使用しているものは、淡路島の藻塩→味の素やさしお、ひえっぺ→硝酸アンモニウム100%のウェルコ瞬間冷却剤Wを使用しました。それ以外は同じものです。
    改めてやさしおの成分を確認してみると、犯人はコイツかもしれません(泣)塩分50%カットと書いてはありますが、炭酸マグネシウム、ポリグルタミン酸などいろいろ入っています。
    3.Aがすこし濁っているので、ほかの材料を計算して足してみます。

    話は変わりますが、Amazonでストームグラスの材料を検索すると、「樟脳」に他の人はこんなものを一緒に買っています!と「淡路島の藻塩」がお勧めでついてきます。きっと柳田さんのおかげですね(笑)
    ストームグラスを作ろうと思わない人が藻塩を検索すると、なぜか樟脳をおすすめされて「???」となっているでしょうね(笑)

    もう少し様子を見て、ダメなら藻塩を買ってみます。
    丁寧なお返事ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. サイさん、こんにちは。
      焦らずじっくり調合すれば絶対完成しますよ~ ^^

      削除
    2. サイです。先日はお返事ありがとうございました。

      あれから調整をして、結晶が出ました。

      A(このサイトのレシピ):樟脳と硝酸アンモニウム、精製水を追加。溶液が濁ったまま結晶が出ず。精製水追加後一気に結晶が出て上部にたまるが溶液はやや黄色がかって濁っている。
      翌日、これでダメなら捨てるつもりで精製水をさらに追加、結晶が細かく泡のようになる。溶液はまだにごったまま。
      一晩おいてそのままだったので、ヤケになりさらに振る。
      1時間後、溶液が透明になり、泡のようだった結晶が結晶らしくなっていて、驚いて二度見。
      現在は上部にたまっているものが、ゆっくり降下しているように見えます。

      B(科学同人さんのレシピを2.5倍):樟脳が多すぎると思ったので、樟脳は追加せず。
      硝酸アンモニウムを少量・精製水を追加で結晶が出て、上部に溜まった後、段々下部へ移動。
      2日ほどかけて結晶の量が少し減り、現在はやや落ち着いた感じになっています。

      この硝酸アンモニウムで代用するこのレシピは、ある程度見られるようになるまでは、良く振る、そして気長にじっくりがポイントなのだと思いました。
      溶液が濁っていたり黄色っぽい色、または結晶が出ない場合はとりあえず精製水を足してみるのが良いようです。

      いずれも小さな雪の結晶のような形で、シダ状にはほど遠い感じですが、これは一度湯せんすると良いのでしょうか?

      長期戦を覚悟したので、お時間があるときにお返事いただければと思います。

      削除
    3. サイさん、こんにちは。ご連絡頂きありがとうございます。
      結晶が見えてきたようで何よりです。もう一息ですね。

      調整した溶液が、なじんで落ち着いてくるまで数日~1週間程度かかるみたいです。
      湯煎は、結晶が「サラサラ」or「ジャリジャリ」状かにも依るかもしれませんが、何れにしても固形の樟脳を溶かすわけではありませんので、手のひらで温める程度の温度のやさしい湯煎?で十分と思います。
      (そしてまた、あわてずじっくりと待つ・・・)

      大容量なストームグラスが完成しそうですね(笑)

      削除
  9. はじめまして、こんにちは^^
    お忙しい中申し訳ございませんが私も相談させて頂きたいです( ;_;)

    大き目のスノードームに入れたいと思い、300mlくらい入りそうな瓶2つに2/3程素材を入れて一日置いてみたのですが、瓶の底1~2mmくらい白いモヤモヤとしたものができただけでした(*_*;
    そこから焦っていろいろ追加してみても変化せず…
    使っているもので異なっているのが
    減塩しお…50%カット
    ヒヤロン…ひやっぺがなかったのでこちらで代用したのですが、成分が異なって(尿素・硝安・水)でした。

    これだとやはり結晶はできないでしょうか?お忙しい中申し訳ございません、お知恵を貸していただきたいです!よろしくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. 723 さんこんにちは。コメントありがとうございます。
      ヒヤロン、自分も使ったことあります(くすりの福太郎には、これしか売ってなかったw)
      でも、できた結晶は羽状というよりは、くし状の結晶が横に並んだような感じになってます^^;
      (本来できるはずの羽状結晶と尿素の針状結晶の中間みたいな感じで、ちょっと地味です)

      この時は、ヒヤロンを元々の量から2倍にしました。(期待している硝酸アンモニウムの成分量が少ないので)
      ご参考まで。

      削除
    2. 僕も最初ヒヤロンでつくりました。
      尿素と硝酸アンモニウムの比率がわからなかったので単純に倍量にしました。
      http://www.big.jp/~eizo/blog3/wp-content/uploads/2015/06/e.jpg
      溶液は透明層と白濁層の2層に分かれて各層で結晶ができはじめましたが、様相が違いましたよ。おそらく白濁層には尿素成分が多く、尿素の結晶も同時に出てきているのかなと推察。

      削除
  10. はじめまして!
    わかなと言います。
    こちらのレシピを参考に仕込みました。
    2日目ですが白く濁った感じのままです。
    湯せんにかける時、透明になるまでかけた方がいいのでしょうか?
    また、湯せんし直しても大丈夫でしょうか?
    お手すきの時にでも返信頂けると嬉しいです。

    返信削除
    返信
    1. わかなさん、こんにちは書き込みありがとうございます。
      ストームグラスが映える季節になりましたね。

      湯煎は、塊が溶けてしまえばオーケーだと思います。(濁ってます)
      エタノールを少量加えて一晩置いてみてはどうでしょうか。
      もし大容量のビンでお創りなら、元々1週間ぐらい様子見が必要かもしれません。

      湯煎は、エタノール/樟脳の揮発に注意すれば何回でもできます。
      今の時期なら、ファンヒーターなど暖房器具の側に置いたりするのが手軽だと思います。(結晶が溶ければ良いので)
      自分は、そのままペット用のヒーター(暖突)の上に乗っけたりしてます。

      焦らないのがコツですよー

      削除
    2. あっ、分離して濁りあり(樟脳が多い) → エタノールを追加
      全体的に濁りあり(塩化カリウム、エタノールが多い) → 蒸留水を追加
      だと思います。
      焦らず頑張ってください

      削除
  11. わかなです。
    早速のお返事ありがとうございます!
    瓶の大きさも全て参考にさせて頂いたので、大容量というわけではないのですが…。
    そうですね、焦ってはいけないですね!
    お返事頂けて安心致しました!
    のんびりじっくり待ちます(*´ω`*)
    ありがとうございました☆

    返信削除
  12. こんにちは!わかなです。
    昨日から細かい羽の様な結晶がたくさん出来ててきたのですが、このままそっとしておくとシダ状に成長するのでしょうか?
    フワフワしていて動かすと消えてしまいそうなほどです。
    お手すきの時にでも返信頂けますと嬉しいです。

    返信削除
  13. わかなさん、こんにちは。
    結晶できましたか、おめでとうございます^^

    結晶のでき方は、天気の影響を受けます(もともと天気予報ツールですから)。
    [溶液の変化と天気との関係]
    http://pass-thetime.blogspot.com/2015/11/blog-post.html

    天気のわりに結晶が控え目の様なら、少し調整したほうが良いかもしれません。
    (ここまで来れば、あせらずにあともうちょっとです)

    結晶の量が少ない(結晶を多くしたい) → 樟脳を追加
    綿状の結晶がふわふわ(羽状に尖らせたい) → 塩化カリウムを追加
    ※追加する量は慎重に(0.5グラムくらい)、軽く振るだけで湯煎の必要はありません。
    一晩放置で様子を見ます。

    あとは、ストームグラスひとつひとつの個性ですから。
    がんばです^^

    返信削除
    返信
    1. わかなです。
      こんばんはー!お返事ありがとうございます(*^-^*)
      霙混じりの天気でもフワフワなので塩化カリウムを少し追加した方がいいのかな?と思いました。
      いつも相談に乗っていただきありがとうございます!
      焦らず頑張ります(*´ω`*)

      削除
  14. 淡路島の藻塩ってどこで売ってるんですか?
    まずそこからなんです…(´・ω・`)

    返信削除
    返信
    1. 匿名さんこんにちは。
      手っ取り早いのはアマゾンですけど、半額くらいで同様のお塩は色々ありますよー(淡路島の藻塩は、美味しいお塩ですけど)。

      スーパーやドラッグストアの調味料コーナーへ → お塩を探す(探すキーワードは、減塩(塩分カット)やカリウム強化)
      → 包装裏面の栄養成分表示(100g当たり)欄 カリウムの量に着目する

      ・例:「淡路島の藻塩 塩分60%カット 175g」は、カリウム 28.4g です。(これぐらいカリウムを含んでいればOKです)
      ・「(普通の)食塩(塩事業センターの塩)」は、カリウム 0.25g ・・・これは不適合(カリウム少なすぎ)
      ・「味の素 健康塩 やさしお 180g」は、カリウム 27.6g  ・・・これは good! (使用実績あり)

      こんな感じで探すと、色々見つかると思います。
      注意:黒いつぶつぶ(焼き塩、海藻の粉末)が含まれる塩、白くない塩は避けましょう

      アマゾンで「淡路島の藻塩 塩分60%カット」を見たら、よく一緒に購入されている商品が
      淡路島の藻塩 塩分60%カット
      瞬間冷却パック ひえっぺ
      藤澤樟脳 252g (7g×36個)
      の3点。
      これは分かり易いですねw

      削除
  15. なるほど!
    詳しくありがとうございます!
    とても分かりやすかったですm(_ _)m
    私も、代打柳田さんのように諦めないで成功させたいです!

    返信削除
  16. こんにちは!
    ミーです

    質問なんですけど、塩がなかなか溶けなくて…
    どーやったら溶けますか?

    返信削除
    返信
    1. ミーさんこんにちは。
      人肌に湯煎して軽く振れば、溶けてくれるはずですよー
      (┘。_。└) う~ん

      削除
    2. 返信ありがとうございます。ミーです
      頑張ってやってみます!

      削除
  17. はじめまして。ユウと申します。
    昨晩硝酸カリウムと塩化アンモニウムを材料に200ml作成し、1晩経ちました。
    現在透明な溶液の中に4/5程度の量の綿状結晶が積もっているような状態です。
    以前のコメントを拝見したところ、塩化カリウムを入れることで尖った結晶になるようですが、硝酸カリウムでも平気でしょうか?
    また現状明らかに結晶が多く見受けられますが(4/5積もっているので)、あと数日安定をはかれば減ってきたりするのでしょうか?
    お力添えいただければ幸いです。

    返信削除
    返信
    1. ユウさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

      自分は、ひえっぺ、淡路島の藻塩 / やさしお、で作った経験しかありません^^; ので、適切なコメントは難しそうです。
      溶液を作成した翌日は、結晶がバァっと増えて、そこから徐々に結晶のカサが減っていくと思います。
      その後、結晶の減り方が落ち着いてから、微調整してます。

      あせらず、のんびり作るのがコツみたいです。

      削除
    2. お返事ありがとうございます!ユウです。
      恐らく連投しちゃいましたよね。勝手がわからず申し訳ありませんでした。
      最初は多くていいんですね。少し安心しました。
      しばらく積もってても気にせずに気長に待ってみようと思います。
      お早い返信ありがとうございました。
      もしまた不安になったら、コメントさせてくださいませ。

      削除
  18. 初めまして♡るみと申します!

    このレシピで作ってみました。
    唯一違うのが精製水を使ったことです。
    今日で3日目…
    底にモヤモヤの綿みたいな物が白く溜まってるいる感じです。

    上記にあった塩化カリウムを入れてもモヤモヤの綿みたいなままです。。。
    結晶が出てきません(´・_・`)

    アドバイスをください。。。


    あと、樟脳をそのまま固形で入れてしまい溶かすのに熱めのお湯に湯煎をして溶かしました何か影響でるでしょうか?(´・_・`)

    返信削除
    返信
    1. るみさんこんにちは、お返事遅くなりました。

      今の時期は、室温がけっこう高いので、9月末頃までは調整が難しいかも。(ほとんどただの水になっているか、底にかき氷みたいな結晶が少し残っているような感じです)
      あえて調整するのであれば、溶液が分離しないように、注意です。(もやもやの状態にもよりますが分離しちゃったのかも)
      ただ、溶液の容量が多いとさじ加減がわかりにくいので、まず少量バージョンで調整の加減をつかむと良いかも。

      ----------------------------------------------------
      ストームグラス少量レシピ 完成120ml
      樟脳:18.5g
      硝酸アンモニウム:3.5g
      塩化カリウム(塩化ナトリウム50%):4.2g
      エタノール:58ml
      蒸留水:42ml
      ----------------------------------------------------

      樟脳いれる時は、ハサミでチョキチョキ切った物を入れてますw
      (湯煎に時間をかけると、エタノールも樟脳も揮発していくので)

      削除
  19. るみです⭐︎
    お返事ありがとうございます!
    9月までは結晶に動きがないのですか??

    どうしたら結晶が見られるのでしょうか。。
    先日あまり湯煎しないように樟脳は刻んでエタノールに入れ溶かしてから混ぜ合わせました。
    しかし1回目のものと同じです。。。
    お手上げ状態です笑

    返信削除
    返信
    1. 室温が高いままだと、ある程度の温度差ができないと調整は難しいように思います。
      自然な寒暖差が無いと・・・
      あるいはペットを飼っていたりして、24時間エアコン稼働中とか。

      削除
  20. はじめまして、ゆゆと申します。初めてストームグラスを作ってみました。
    現在結晶は見られず、振ると少し白濁→落ち着くと透明な2層(下に溜まっている感じ?)になっています。どう調整したら良いのかわからず・・・・アドバイスお願いします。

    返信削除
    返信
    1. ゆゆ さん、こんにちは、コメントありがとうございます。
      宜しければ、今までのコメントのやりとりを御覧いただければと思います。
      残念ながら、それ以上の情報は持ちあわせておりません。

      削除
    2. こんばんは、ゆゆです。返信ありがとうございました。

      書く前にコメントを読んだのですが、真ん中あたりで層が出てるパターンが見当たらなかったもので失礼いたしました。
      結局分離=失敗と捉え、もう一度最初から作り直したところ、層はできずに微かな濁り&底に「結晶ではないもやっとしたもの」ができた状態になりました。わずかな配合のズレなんでしょうね、奥深いです。
      今の時期は気温的に難しいようなので、気長に調整頑張ってみます!
      (他で見かけた、樟脳+エタ+水のみのものも作りましたが、これもなかなか。。。)

      ありがとうございました。

      削除
  21. おはようございます!ねなといいます
    拝見しながら作成しまして……現在小さな結晶がつもってます、
    北国なので 昼夜の寒暖差はある程度あるのですが

    晴れの日ってそんなに大きい結晶はできないものですか?
    それか塩がたりないのですかね?
    破片のようなものが積もってる状態です

    返信削除
    返信
    1. ねな さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      >北国なので 昼夜の寒暖差はある程度あるのですが
      晴れの日ってそんなに大きい結晶はできないものですか?

      外に出ると、からだが溶けそうな天気です。北国、羨ましいです。
      寒暖差によりますが、結晶は夜明け前が一番成長してると思います。

      >それか塩がたりないのですかね?

      塩を入れ過ぎると、かき氷状になるので注意です。
      明け方の様子を見ながらですが、(分離しない程度に)樟脳でほんのすこし調整してみては?

      削除
  22. 返信ありがとうございます!
    カキ氷……まさしくなってます……
    樟脳ですね!やってみます!!

    返信削除